2022/10/14
ふくしまプライド。事業実績富岡土産・特産品
福島県富岡町の新米! とれたてのお米を町内で販売しています 【富岡の米】【ふるさと生産組合】

富岡町から大熊町方面に抜けていく国道6号線沿いに、海に向かって広がる大きな田んぼがあります。

この田んぼは、2008年に富岡町の農家が集まって結成した「ふるさと生産組合」の田んぼです。
東日本大震災後の2013年から、それぞれが避難先から通って試験栽培・実証栽培を行い、2018年からは慣行栽培(通常栽培)が開始されています。

2022年は5月に、福島県オリジナル米「天のつぶ」、「コシヒカリ」、もち米の「こがねもち」の田植えを行いました。

【富岡町の農業2022】富岡町の米作り、始まりました【富岡の米】【ふくしまプライド】

2022年の稲刈りは9月下旬に数日間かけて行いましたが、とみおかプラスではイノシシ除けの電気柵の撤去と稲刈り、精米作業をお手伝いしました。

稲刈りしたその日に、富岡町内のライスセンターに持ち込み精米し、袋詰めまで行いました。
「天のつぶ」と「コシヒカリ」を、とみプラスタッフに分けていただいたのですが、収穫したての新米はつやつやで粒が立っていて、今までに味わったことのないおいしさでした。

 

2022年産の富岡町の新米は、さっそく首都圏でのイベントで販売しました。

 

また、富岡駅前の富岡町観光協会や、

 

この投稿をInstagramで見る

 

富岡町観光協会(@tomikaninst)がシェアした投稿

月の下交差点近くの「ふたばいんふぉ」でも販売しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ふたばいんふぉ(@futabainfo)がシェアした投稿

ぜひ富岡町の新米、味わってみてくださいね!


TOP