2020/11/19
とみおかアンバサダーマリアー酒とみおかプロジェクト事業実績
酒に合う富岡産タマネギ料理で舌鼓!おつまみ試食会を行いました!【マリアー酒とみおかプロジェクト】

10月3日(土)、とみおかアンバサダーと、とみおかプラス元インターン、富岡町地域おこし協力隊など、富岡町に関わる仲間を迎え、2021年の「富岡町産米使用スパークリングSAKE萌(きざし)」となるコメの収穫と、「萌」おつまみ試食会を行いました!

こちらの記事では「萌」おつまみ試食会の様子をお伝えします!

 

富岡町産のお酒×富岡町産の食材でつくったおつまみのマリアージュ!

とみおかプラスでは、富岡町産米を使ったお酒と、富岡町産の食材でつくったおつまみを開発する「マリアー酒とみおかプロジェクト」を3年かけて進めています。

 

富岡町の飲食店「cafe135(カフェひさご)」の横須賀シェフが開発した、富岡町産タマネギを使ったおつまみメニューを、メンバーで試食しました!

 

実は、「マリアー酒とみおかプロジェクト」としても、初の試食会。

参加者皆さんの感想が、プロジェクトの進捗となります。

 

 

 

サーモンの生春巻きとローストポーク/ローストオニオンは、味の濃さや脂身の量などで、さっぱりした「スパークリングSAKE 萌」に合うのでは、という意見が多数!

 

 

蒸しタマネギの味噌クリームソース(左)やオニオングラタン風ピザ(右)など、タマネギの甘さが前面に出ているメニューは、富岡町産の天のつぶつくった「純米吟醸 天の希」や、今年初めて生産した、福島県のオリジナル酒米「福乃香」でつくる予定の大吟醸など、すっきりしたお酒の方が合いそうだよね、という意見が。

カルパッチョ(中央)は、スパークリングの「萌」、大吟醸、どちらにも合いそうとのこと。

 

 

そのほかにも、新米に合わせたらおいしいというメニューも用意。

今回のイベント前に、すでに稲刈りを終えていた、伸さんの田んぼで収穫された「天のつぶ」と合わせていただきました!

タマネギだけでこんなに豊富な、そしておいしいメニューができることに、参加者一同感激しながらいただきました。横須賀シェフ、ありがとうございます!

 

 

 

※食事中のみ、マスクを外しています


こちらの記事もあわせてチェック!

同日行われた、「萌」収穫祭の様子もぜひお読みください。

「萌」収穫祭&おつまみ試食会を行いました!




TOP