2019/12/16
JR常磐線
【JR常磐線】夜ノ森駅の様子2019 解体から新駅舎へ【記録写真】

夜ノ森駅解体

常磐線の全線再開に向け、建て替え予定の夜ノ森駅(富岡町)。

再開に向けてての整備のために、建物自体の老朽化などもあったことから、今年1月に旧駅舎が解体となりました。

大正10年(1921)の開業当時から長年親しまれてきた木造の駅舎でしたが、惜しまれつつその姿を消しました。

夜ノ森駅周辺はJR常磐線の全線再開に合わせて、19年度末までに避難指示が解除が予定されています。

 

2019年夜ノ森駅フォトギャラリー

とみおかプラスで撮影した写真を掲載します。

2019.1. 解体準備中

2019年1月、解体直前の視察時の様子。

階段通路などはすでに無く、看板も取り外されていたので、すっかり最後の姿となっていました。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

【視察】夜ノ森駅惜別ツアー【双葉郡未来会議】

 

2019.1.25 解体中の様子

2019.2.5 解体中の様子

2019.2.21 解体後

西側より撮影

 

2019.10.30 工事中の様子

 


TOP