2022/04/30
イベントレポートカラフルとみおかプロジェクトスパークリングSAKE萌とみサポ事業実績富岡土産・特産品富岡魂町内イベント
富岡町桜まつり2022 とみサポ・カラフルとみおかプロジェクト活動報告【桜まつり】【ライトアップ】

2022年4月9日・10日に開催された「富岡町桜まつり2022」
とみおかプラスは、富岡町産米使用の日本酒の販売と、カラフルとみおかプロジェクトとで参加しました!
今回の出店では、とみサポボランティアとして、
東北大学福興youthFukushima Field X(フクシマフィールドクロス)インターンの、
2つの団体の大学生たちがサポートしてくださいました。
本当にありがとうございました!

東北大学福興youthの皆さん(全員で8人)

Fukushima Field Xインターンの皆さん(それぞれ別々の関東の大学から)

 

富岡町産米使用の日本酒は、
純米大吟醸・富岡魂
スパークリングSAKE萌の躑躅(きざしのつつじ)
2022年の新酒と、
富岡魂・萌・萌DRYの3本セット、萌・萌DRYの2本セットを販売しました。


富岡町産の米を使用しているということで、町の人はもちろん、町外から訪れた方もお土産に購入いただきました。おいしく召し上がっていただけていたらうれしいです。

純米大吟醸・富岡魂、スパークリングSAKE萌の躑躅は、
とみおかプラス事務所のほか、
富岡町観光協会(富岡駅前)、
ふたばいんふぉ(富岡町月の下交差点近く)、
ほっと大熊(大熊町交流ゾーン内)、
サンプラザふたば(東日本大震災・原子力災害伝承館向かい)、
コラッセふくしま(福島駅前)
、でも販売しています!
スパークリングSAKE萌は、富岡町内ローソンでも販売中!

 

カラフルとみおかプロジェクトでは、昨年の桜まつりで夜の森の桜並木から採取した「桜の香り」を再現したコットンボールを来場者にプレゼント。

その「桜を香らせたい場所」を、皆さんに投票してもらいました!
富岡町の人、町に関わる人から、桜にまつわる思い出をたくさん聞くことができました!

 

今年の桜まつりは、天候に恵まれたことと、桜の満開時期と重なったことで、多くの人が富岡町を訪れました。


 

また、2022年1月26日に、特定復興再生拠点の立入規制が緩和され、夜の森地区のバリケードが撤去されたことで、夜の森公園前のさくら通りも、観桜ができるようになりました。
12年ぶりに立入りができるようになったさくら通りでは、多くの人が夜の森公園沿いの桜並木との「再会」を楽しんでいました。

昨年までは、バリケード越しの桜でしたが、

桜並木全面の通行が可能になりました!国道6号線まで抜けることができます。

※当日は非常に混雑しており、3枚目のこの写真は桜まつり翌日の4月11日に撮影しました

 

夜には、桜のトンネルや夜ノ森駅、花寺・宝泉寺のライトアップも行われました。


来年もこうして、富岡町の宝である、夜の森の桜並木をみんなで見上げることができますように。

 

東北大学福興youthの皆さんが、富岡町桜まつりのボランティアを通して感じたことを、ブログに綴ってくださいました。ぜひ読んでみてください。

◎東北大学福興youth 4/9、10【桜まつり🌸2022】
https://fukko-youth.tumblr.com/post/681777482267066368/a

 

また今回、Fukushima Field Xインターンが企画した富岡町周遊イベントも同時に開催しました。
イベント報告はこちらから。

Fukushima Field Xインターン企画「とみおか はっけん、」「祭会-さいかい-」開催レポートvol.1【とみサポ】【関係交流人口拡大】

 

今年の富岡町桜まつりを主催した、福島中央テレビのブログにも、たくさんの笑顔が掲載されています。
https://www.fct.co.jp/press/local_news_165001167627088

ご来場者の皆さん、お酒をご購入いただいた皆さん、サポートいただいた皆さん、ありがとうございました!
また桜の下でお会いしましょう!

「富岡魂」のラベルを揮毫いただいた、書道家・千葉清藍さんが桜まつり2022で書かれた文字。
花が咲く、という意味の「有咲(ゆうしょう)」です。

 




TOP